2021/12/06
婚活コラム

婚活で「年収600万円以上」は高望み?該当男性の割合や出会える結婚相談所もご紹介

結婚するなら高収入男性を狙いたい!結婚相談所なら、年収600万円以上の男性と出会える……?と考えていませんか?

ある日偶然の出会いがあって、その男性がたまたま高収入で……というのももちろんステキですが、そんな理想的な出会いは滅多にありません。

結婚相手に対して収入を重視するなら、そのための婚活をするのが一番です。

中でもおすすめなのは、結婚相談所です。

なぜなら、婚活パーティや婚活サイト、マッチングアプリとは違い、男性会員の身元がしっかりしていて年収の審査もきちんとされているからです。

この記事では、高収入男性との出会いを目指す女性に向けて年収600万円以上の男性と出会う方法やコツを解説、そしておすすめの結婚相談所を紹介していきます。

この記事でわかること
  • 結婚相談所で年収600万円以上の男性と出会うのは可能なのか
  • 結婚相談所で年収600万円以上の男性と出会う方法
  • 年収600万円以上の男性と出会うには、適切な結婚相談所選びや自分磨きも大切

そもそも年収600万円以上の男性はどのくらいいる?

そもそも年収600万円以上の男性はどのくらいいる?

一般的に、高収入といわれるのが年収600万円以上です。

では、現代の日本国内において年収600万円以上を稼ぐ男性はどのくらいいるのでしょうか?

年収600万円以上の男性の割合

平成30年分民間給与実態統計調査(国税庁)によると、給与所得者の男性の平均年収は545万円となっています。

年代別に分けると、年収600万円の割合は以下のようになります。

・20代:約4%
・30代:約19%
・40代:約41%

数字だけを見ると、年収600万円の男性はかなり少ないことがわかります。

ただしこれは給与所得者に限ったデータなので、起業家や開業医などは含まれません。

これらを含めると、年収600万円の男性の割合ももう少し増えるのではないでしょうか。

年収600万円以上の男性の職業

では、年収600万円以上を稼ぐ男性は、どのような職業についている人が多いのでしょうか。

年収が平均600万円に近い職業は、主に以下の10種です。

・医師、医療関係
・水道、ガス、熱供給関係
・メーカー
・金融業
・保険業
・情報通信
・建築、不動産関係
・公認会計士
・税理士
・弁護士

つまり、現時点ではまだ年収600万円には満たなくても、上記の職についている人は、将来的に高収入が期待できると考えられます。

金融業や保険業はインセンティブも収入に大きく関わるため、どのくらいの熱量で仕事に関わっているかもポイントになりそうです。

年収600万円以上の男性の年齢層

年収600万円以上の収入がある男性の年齢層は、40~50代が圧倒的に多数です。

ちなみに、それぞれの年代の平均年収は、大体このようになっています。

・20代:平均400万円
・30代:平均499万円
・40代:平均608万円

年代別はこのような結果になりましたが、同じ30代でも後半になると平均収入が500万円を超えます。

勤務先が大手商社やメガバンクといった職種の場合、将来にかなり期待を持てるのではないでしょうか。

年収600万円以上の男性と婚活で出会うには

年収600万円以上の男性と婚活で出会うには

数字で見る限り、年収600万円以上の男性は決して多くはありません。

結婚相手として視野に入れるとなると、今以上に積極的に婚活する必要があります。

年収が確実にわかる結婚相談所がおすすめ

婚活の場として、もっともおすすめなのは結婚相談所です。

なぜなら、結婚相談所は他の婚活ツールよりも信頼度が高く、希望条件に合った人と出会える確率も高いからです。

全国各地で開催される婚活パーティは、その場で実際に男性と出会えるメリットがありますが、年収600万円以上というハードルをクリアする男性がいるかどうかわかりません。

仮にハイクラスの男女限定のパーティがあったとしても、開催地域や回数が絞られてしまい、出会うチャンス自体かなり少ないといえるでしょう。

気軽に始められてマイペースで婚活できるマッチングアプリも人気ですが、結婚相談所に比べると信頼度は低くなります。

現在では、収入証明を提出しなければならない婚活アプリも増えていますが、それ以外の要素(身長体重、顔写真など)を盛る男性が少なくありません。

また、結婚相談所のようなフォローをしてくれるアプリは限られており、実際に男性に会う時は「自己責任」というケースがほとんどです。

結婚相談所で「年収600万円以上」は高望み?

では、結婚相談所に登録する男性の中で、年収600万円を満たす人はどのくらいいるのでしょうか。

年収600万円以上は、高望みなのでしょうか?

結論からいうと、決して高望みということはありません。

そもそも年収600万円以上を稼ぐ男性の中には、仕事に打ち込むあまり出会いを逃してしまったり、面倒な婚活をフルサポートをしてくれる結婚相談所にお任せしたりという人も少なくありません。

年齢層は少し高めになりますが、狙える範囲内と見てよいでしょう。

ただし、その分ライバルも多いということは覚悟しておきましょう。

妊娠や出産の可能性がある限り、安定した生活を望める収入を得ている男性を希望するのは、女性ならば当然のことです。

年収600万円以上の男性は、少なくもないけれど競争率が激しいということです。

そもそも年収の条件を見直してみることも重要

結婚相手への希望として、あなたが望んでいるのは年収600万円なのでしょうか。

それとも、結婚生活において金銭的に不自由のない、そこそこ余裕のある暮らしでしょうか。

もし後者ならば、年収600万円以上という条件を見直してみるのも大事です。

年収600万円以上という具体的な条件をつけてしまうと、年収550万円以上の男性ははじかれてしまいます。

将来的に高収入を望める職種であれば、現時点で必ずしも年収600万円以上である必要はありません。

また、年収600万円を稼ぐ男性は仕事が忙しく、一般的な家庭生活が手に入らない可能性もあります。

家事・育児がワンオペになってしまったり、夫婦の記念日なのに家に帰れなかったり……という未来も予想しつつ、本格的な婚活の前にもう一度よく考えてみましょう。

年収600万円以上の男性と結婚相談所で出会うには

年収600万円以上の男性と結婚相談所で出会うには

それでもやっぱり、年収600万円以上の男性と結婚したい!という女性のために、結婚相談所での婚活のコツをお伝えします。

年収の条件を相談所にはっきり伝える

まずは、年収の条件を明確にしてください。

担当のカウンセラーまたはコーディネーターに、年収600万円以上というはっきりした条件を伝えることが大事です。

職種の条件を出しても、若い男性の場合は収入も低いですし、漠然と「高収入の男性」といってもピンからキリまでいます。

年収600万円以上という条件を出してしまえば、それ以外の男性を紹介されることはありません。

600万円が絶対に譲れない条件であれば、結婚相談所にもそのようにはっきりと伝えておきましょう。

年齢や容姿など、年収以外の条件をある程度妥協する

高収入で身長が高いイケメンで、さわやかで人当たりの良い紳士的な男性には、そう簡単には巡り合えません。

年収600万円にこだわるなら、それ以外のハードルを下げることも重要です。

見た目や年齢、趣味嗜好など、妥協できるところは妥協しましょう。

ただし、結婚生活において認識に違いがあると後々困る部分、例えば

  • 将来的に子どもを持つかどうか
  • 義両親との同居の可能性
  • 転勤の有無

といった部分は、簡単に相手に合わせない方がよいでしょう。

激務になりやすい金融・保険・商社関係に勤めている男性の中には、結婚・離婚歴がある人もいます。

譲れる部分と譲れない部分をはっきりさせ、その場の空気や相手に流されないように注意が必要です。

経済的に安定した暮らしが手に入っても、結婚生活そのものが幸せでなければ意味がありません。

自分磨きを怠らない

次に大切なのは、あなた自身が自分を磨くということです。

年収600万円以上の高収入男性は、おそらくこれまでに何度も出会いがあったでしょう。

並の男性と比べて、高収入男性はかなりモテると考えられます。

つまり、年収600万円以上の収入がある男性は、女性を見る目も肥えているということです。

自分が稼いでいる男性は、相手の収入に関しては無頓着な人が多いですが、そのかわり容姿や家事スキルなどに対する見る目が厳しいです。

  • ダイエットやスタイルキープ
  • ファッションやメイクの流行をチェック
  • 一通りの家事をこなせるようにしておく
  • 時事ニュースにも敏感になる

顔は変えられなくても、スタイルやファッション・メイクは努力次第で変えられます。

つねに美意識を高く持ち、自分を綺麗に見せる心がけを忘れずにいましょう。

また、高収入の男性は一般常識や世間のニュースに疎い女性を「頭が悪い」と評価してしまうことがあります。

知識を前面に出す必要はありませんが、最低限の常識を身につけ、世間のニュースにもアンテナを立てておきたいものです。

ハイクラスな男性の多い結婚相談所を選ぶ

年収600万円の男性と結婚相談所で出会うには、どういう特徴の相談所かを事前に調べることをおすすめします。

高収入の男性が選ぶ結婚相談所は、以下のような特徴を参考にしてください。

  • 入会金や月会費がそれなりにかかる
  • 身分証明や審査が厳正
  • 年齢層が高め
  • サポートが手厚い
  • コーディネーターにお任せプランがある

仕事が忙しく出会いがない高収入の男性は、婚活に多少お金がかかってもよいから信頼度が高いしっかりした大手の結婚相談所で担当コーディネーターのサポートが充実しているプランを選ぶ傾向にあります。

逆に、会員の年齢層が比較的若く、入会金や月会費が安い結婚相談所は、どちらかというと平均かそれ以下の年収の男性が多いと考えられます。

結婚相談所に入会する前には必ず、男性会員の年齢層・平均年収・どんな職業の人が多いかなど、データをチェックしましょう。

関連:ハイスペック男性と出会える結婚相談所8選|成婚のコツとハイスペならではの注意点を解説

年収600万円以上の男性と出会える!おすすめの結婚相談所

年収600万円以上の男性と出会える!おすすめの結婚相談所

ここから、年収600万円以上の男性と出会いやすいおすすめの結婚相談所を紹介します。

どうぞ参考にしてください!

スマリッジ

スマリッジ

特徴 ・毎月1万円以下から利用できる
・オンライン型で店舗に行く必要無
初期費用 6,600円
月会費 通常プラン:9,900円~
会員数 約30,000人
成婚率 非公開
運営会社 SEモバイル・アンド・オンライン株式会社
年収600万円以上の男性会員の割合:約70%

スマリッジは、JBAに加盟しているオンライン結婚相談所です。

来店の必要がなく、スマホでも簡単にお見合いができるところはマッチングアプリと似ていますが、サポートの充実度や信頼度はスマリッジの方が格段に上です。

スマリッジは、入会時に独身証明や収入証明などの提示が必須で、それも法的に認められているもの(自治体発行のものや源泉徴収票)に限られているため、なりすましや虚偽の申請ができません。

担当アドバイザーがお見合い相手を紹介してくれるところも、結婚相談所と同じです。

スマリッジ自体は会員構成を公開していませんが、JBAの会員データを調べてみると、平均年齢は30~40代・年収600万円を超えている人の割合は約70%ほどです。

どこよりもリーズナブル!

コスパの高いスマリッジで
婚活をはじめる

オーネット

オーネット

特徴 ・紹介と検索でたくさんの異性と出会える
・会員限定のパーティーも開催中
初期費用 116,600円~
月会費 16,500円~
会員数 約48,000人
成婚率 非公開
運営会社 株式会社オーネット
年収600万円以上の男性会員の割合:約50%

オーネットは、全国に支店がある結婚相談所です。
会員年齢層はやや若く、男性の55%が29~30歳となっています。

とはいえ、大卒・大学院卒が全体の65%で、約60%以上が年収500万円以上。
男性の定職者の割合は100%です。

そのため、現時点で年収600万円以上ではなくても、将来的に高収入を見込める男性を含めてお相手を探している人におすすめです。

オーネットは、オンラインで気軽にお見合い相手を探すこともできます。
結婚相談所とマッチングアプリの、メリットをあわせもった婚活ツールといえるでしょう。

さらに、全国で会員限定のイベントを企画開催しているので、あらゆる形での婚活が可能です。

結婚チャンステストをしてみる

公式:オーネットはこちら

関連:オーネットの評判・口コミを徹底調査!無料相談に行ってきた体験談もご紹介

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

特徴 ・約95%が3ヶ月以内にお見合い
・ハイスペックな男性会員が多い
初期費用 181,500円~
月会費 17,050円~
会員数 約70,000人
成婚率 50.4%
運営会社 株式会社IBJ
年収600万円以上の男性会員の割合:約62%

ハイクラスな男性会員が多いのが、IBJメンバーズです。
会員の年齢層は20~30代が約70%と比較的若いですが、高学歴・高収入の男性も多いところが特徴です。

入会登録料はそのぶん他社より高額ですが、先行投資で本気の婚活をしたい人が集まっているのでアクティブ会員が多い印象です。

現在のところ関東・関西・九州にしか支店がなく、対象エリアが限られてしまうところがデメリットといえるでしょう。

成婚率50.4%が魅力

公式:IBJメンバーズはこちら

関連:IBJメンバーズの口コミ・評判を徹底調査!料金や会員層まで詳しくご紹介

結婚相談所で年収600万円の男性と結婚した体験談

それでは最後に、結婚相談所で年収600万円の男性と結婚した体験談についてお話しします。

年齢:36歳
職業:IT企業マーケティング
夫の職業:メーカー営業
夫の年齢:38歳

旦那との出会いは、結婚相談所でした。
当時33歳で、アプリやパーティーをメインに活動していたのですが、いい出会いに恵まれず…。

どうしても34歳までには結婚したかったので、頼みの綱で結婚相談所へ入会しました。
結婚後の生活や子育てのことを考えると、男性の年収は600万は欲しいなというのが正直なところでした。

彼とは結婚相談所のパーティーで知り合いました。
メーカーの営業ですが、派手な感じはなく落ち着いていて、好印象でした。

彼からのアプローチを受け、交際を開始。
交際をしているうちに一緒にいると非常に落ち着くなと思って、そのままとんとん拍子に成婚まで決まりました。

私自身も年収が500万ほどあるため、世帯年収は1100万円と、そこそこの金額です。
ただ今後も東京に住み続けて子育てをすることを考えるとそんなに余裕のある金額ではないと思います。

東京に住むことや、子育てのことを考えるなら、年収600万円というのは妥当な金額だと思います…。

【まとめ】結婚相談所を活用すれば年収600万円も叶う!

【まとめ】結婚相談所を活用すれば年収600万円も叶う!

年収600万円の結婚相手を探しているなら、積極的な婚活が必須です!

だからといって、高収入男性が参加しているかわからない婚活パーティや、相手が公表している年収が真実かどうかわからないマッチングアプリは、お金と時間が無駄になってしまうかもしれません。

結婚相談所なら、入会時の審査や身元証明がしっかりしていて、担当コーディネイターという第三者が必ず介入してくれるので、初めての婚活でも安心です。

年収600万円以上を狙いたいなら、まずは結婚相談所の無料カウンセリングを試してみましょう。

結婚相談所を利用している男性のリアルな平均年収を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

結婚相談所で婚活している人の平均年収は? 男女がそれぞれに求める金額もご紹介

関連記事

婚活中「身の程を知れ」と言われた!どうしたらうまくいく?高望み認定される条件を解説

「婚活をしているけど、なかなかいい人に出会えないなぁ…」 そんなとき、仲のいい友人に相談したら「身の程を知れ!」「

バツイチの出会いには結婚相談所とマッチングアプリがおすすめ!3つの理由とメリット・デメリットを紹介

「再婚したいけどバツイチが出会える場所はどこにあるの?」 「バツイチだと再婚は難しいのかな…」 このように悩

結婚相談所に潜む地雷男とは?婚活中に見極める方法や注意点をご紹介!

「初めて会ったときは普通だったのに、親しくなると人間が変わっていった…」 このような男性は「地雷男」かもしれません

結婚相談所の仕組みとは?自分に適した結婚相談所の見極め方もご紹介

婚活ブームにより、結婚相談所が注目を浴びています。 昔から結婚したい人たちが通う場所として認識されている結婚相談所

バツイチ女性の落とし方・口説き方とは?アプローチ方法と求められている男性像を紹介

好きになった女性がバツイチだったとき、どのようにアプローチすればよいのかわからずに悩んではいませんか? その女性に

結婚相談所の成婚料は必要?支払うメリット・デメリットや相場を徹底解説

「晩婚化が進んでいる」「未婚率が増えた」とされている現代では、どうにかして早くいい人と出会い「結婚したい!」と思っている

結婚してからでは遅い!婚活中にモラハラ男の特徴を見抜く方法と対処法

「モラハラ」という言葉をご存じでしょうか。 倫理や道徳に反して相手に嫌がる行為をすることを指すモラハラ。 婚

婚活がうまくいかない30代の男女必見!婚活がうまくいかない理由や見直すべきポイント3つを解説

「そのうちいい人が見つかるから大丈夫」 20代の時は軽い気持ちで考えていたけど、実際に30代になって婚活を始めると

結婚相談所に美人はいる?美人と結婚するためのポイントや美人と出会える結婚相談所の選び方を紹介!

「結婚相談所で婚活してみようかな」 「どうせなら美人と結婚したいけれど…結婚相談所に美人はいるのかな?」 結婚相

結婚相談所にサクラはいる?サクラの特徴と良質な結婚相談所の見分け方もご紹介

「なかなかお見合いが成立しない…」「ハイスペックな人とお見合いできたけど、交際までたどり着けない」 結婚相談所に登