東京、名古屋、大阪などの主要都市だけでなく、
全国の結婚相談所のおすすめを口コミをもとにランキング形式でご紹介します

ランキングをもっと詳しく見る

結婚相談所を探す

全国各地の結婚相談所から、20代、30代、40代などの年齢別、再婚などのステータス別、安さなどの料金別など…
様々な条件での結婚相談所の選び方をご紹介します

1年以内に結婚するために必見!婚活コラム

漫画でわかる!結婚相談所

データでわかる結婚相談所

データでわかる結婚相談所

仕事や趣味はそれなりに充実しているけれど、人生を共に歩いていける家族が作りたいと思ったことはありませんか?

ただ毎日を過ごしているだけでは、結婚に結びつく出会いを見つけるのはなかなか難しいもの。
婚活には友達の紹介や婚活アプリ、婚活パーティーまで様々な手段がありますが、「結婚相談所」には最後の砦というイメージを抱いている人も多いかもしれません。

結婚相談所とは実際にどんなところなのか、データをもとに調査した結果をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

婚活業界の中で結婚相談所ってどんなところなの?

ひとくちに婚活といっても、多くの方法があります。

婚活パーティー、マッチングアプリ、街コンなど、結婚相談所以外にも気軽に始められる出会いの窓口がたくさんあるので、何から手をつけたらよいのか迷ってしまうかもしれません。

それぞれのツールの特徴や利用者の数を案内しますので、順番に見ていきましょう。

そもそも婚活サービスを使っている人の割合って?

市場動向

婚活という言葉が生まれたのは2007年。
それから13年間で、婚活サービスの利用者は年々増加中しています。

なんと現在婚活サービスを利用している人は、60万人。
これだけ普及していると、「婚活をしているなんて恥ずかしい…」などのネガティブなイメージも大分薄くなってきています。

婚活サービスで結婚した人ってどれくらいいるの?

婚活サービスで結婚したい人の数

利用者の増加に比例して、婚活サービスを利用して結婚した人の割合も上昇傾向に。
一昔前だと「婚活アプリや結婚相談所は、怪しい」というイメージを持っている人もいるのでは?

しかし、これだけの実績があれば安心して利用できます。

もちろん中には、詐欺まがいのサービスなどもあるので選ぶ際は十分に気をつけましょう。
適切なサービスを利用すれば、婚活サービスの利用は結婚までの近道ということは間違いありません。

それぞれの婚活サービスの利用割合

婚活サービスの利用経験率

では具体的に、各婚活サービスごとの利用経験率を見ていきます。

最も利用経験率が高いのは恋活・婚活サイトやアプリ。
無料で気軽に登録できるので、婚活を始めたばかりの人はまずはここから、という人が多いです。

その次に多いのが婚活パーティー。
立食形式のパーティーはもちろん、最近では料理やスポーツなどの趣味を通して出会うパーティーも出てきています。費用も安く、思い立ったらすぐに参加できる気軽さが人気の秘訣です。

そんな中、結婚相談所の経験率は最も低くなっています。
婚活している人にとっては、「最後の砦」という印象が強く費用も高いことから、「気軽さ」が他の婚活方法に比べてないのが要因と言えるでしょう。

逆に利用割合は低いですが、他の婚活方法に比べて本気度が高い人が集まっています。

それぞれの婚活サービスの特徴って?

他の婚活手段との違い5

結婚相談所

他の婚活サービスに比べて費用がかかり、独身証明書などの資料の提出が必須なのが最大の特徴。
活動開始までのハードルは高いですが、本気の人だけが登録しているため出会いの質が高いのです。

社会的なステータスがあり年齢が高い登録者も多いため、ハイスペックな相手を探すのにも向いています。
様々なサポート体制が整っているので、恋愛経験が少ない人が活動する場合も安心です。

パーティー

パーティーは、年齢制限をクリアすれば誰でも参加できるため気軽です。
じっくり会話できる少人数のものから、フリータイムに気に入った相手と自由に話せる100人規模のパーティーまで様々。

1日で多くの人と出会えるメリットはありますが、身元の確認がないので嘘のプロフィールを伝えられたり遊び目的だったというケースも…。
また、若くてモテる人に人気が集中してしまい、誰とも話せないままパーティーが終わってしまうことも…。

マッチングアプリ・婚活サイト

隙間時間を利用して気軽に利用できると人気沸騰中。
価値観でマッチングやすれ違いでマッチングなど様々なバリエーションが登場しています。

種類も様々で、各々のニーズに合わせて使い分け可能。
しかし既婚者が紛れ込んでいたり、20代の遊び目的な男性がメインで真剣な交際には発展しづらいのが難点。

もちろん結婚までこぎつけた人という人もいますが、気軽な分、時間がかかってしまいます。

相席居酒屋/相席バー

居酒屋やカフェで相席した人と出会うサービス。
女性は無料で飲食できるため、時間つぶしや節約のために利用していることも…。

男性側もそれを承知しているため、キャバクラがわりに利用している人も多く、結婚相手を相席で探そうとは思っていません。
その場限りの盛り上がりで終わってしまい、連絡先を交換しても継続した付き合いに発展することは少ないです。

真面目な出会いのための婚活のツールとしては、あまりおすすすめできません。

合コンや知人の紹介

合コンや知人の紹介は、自分の性格をよく知っている人物からすすめられる相手であれば、うまくいく可能性もあります。
しかし、年齢を重ねるにつれ既婚者が増えていき、なかなか合コン自体のセッティングが難しくなってしまうことも…。

また、相手がただお付き合いで参加しているだけだったり、息抜きで飲み会の場に来ただけという場合もありますので、必ずしも結婚に結びつくかといえば難しいところです。
合コンや紹介のみに婚活の手段を頼っていると、結婚までたどり着くのは相当な時間がかかります。

結婚相談所ってどんなところ?

結婚相談所ってどんなところ?

ここまで、婚活サービスを使っている人の割合や、サービスごとのメリットデメリットをご紹介していきました。
婚活市場がどんなものなのか今まで漠然とした知識しかなかった人も、全体像をつかめたのではないかと思います。

さて、ここからは、結婚相談所とはどんなところか、具体的なデータをもとに説明していきます。

結婚相談所の平均成婚率って?

平均成婚率

結婚相談所における成婚率とは、その結婚相談所でどれくらいの会員が成婚しているかを表す数値です。
何をもって成婚と呼ぶのか、定義は結婚相談所ごとに異なります。

「結婚を前提としたお付き合いをし、プロポーズがある状態で男女が退会する」ことを指す場合が多いです。
成婚イコール入籍ではありませんが、婚活サービスを検討する際には参考になるデータです。

公開されている結婚相談所の成婚率は平均20%前後。
合コンから結婚に至る割合が7%程度と言われているのと比べると、結婚相談所の成婚率は非常に高いです。

結婚相談所に入会してからどれくらいの期間で成婚しているの?

追加2

では、成婚退会という目的を達成するまでに、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。
成婚退会までの所要日数を見ていくにあたり、キーになるのは「平均値」と「最頻値」の違いです。

平均だけを算出すると、男性は1年5ヶ月、女性は1年2ヶ月となっています。
この平均値でも自由恋愛から結婚に至るまでに比べれば短いのですが、極端に長い少数の例が値を押し上げてしまっています。

ただ平均値よりも重要になるのが最も多いケースを表す最頻値。
最頻値は、男性は5か月、女性は6か月。なんと結婚相談所に入会してから半年以内で成婚退会している人が一番多いのです。

結婚を意識して、誠実なお付き合いをしたいと考える男女同士が集まる相談所では、お互いが意気投合した後の交際の展開はとてもスムーズだといえるでしょう。

結婚相談所に登録している人ってどんな人?

どんな人がいるの?

さて結婚相談所の成婚確率が高いということがわかったと思いますが、どんな人が登録しているのでしょうか。

結婚相談所は、異性にモテない人ばかりなのではないかと考えて躊躇していませんか?実はそんなことないのです。

男女比や年齢層、学歴など、気になるチェックポイントを具体的な数値と共にご案内していきます。

結婚相談所の男女比

男女比6

男性44%に対し女性が56%とほぼ同数となっています。
男女比は、同数のほうが活動しやすいですから、均等な男女の登録数は他のツールと比べた時に結婚相談所のメリットでしょう。

趣味のサークルや職場では、男女比が偏っていて出会いに繋がらないなどの声をよく聞きます。結婚相談所はそうした心配はありません。
また特定の人に人気が集中しないために、コンシェルジュなどが自分にあった人を紹介してくれます。

結婚相談所の年齢層

1 表-3

結婚相談所で最も多い年齢層は、35〜39歳です。
次に40〜44歳、30〜34歳が続きます。

年齢的にどうしても普通の婚活方法での出会いが厳しくなってくる年齢の方が多く利用しています。
しかし30代後半以降になると、仕事も安定してきて経済的にも裕福な人が多いですし、精神的にも成熟している人が多いです。

しっかりした家庭を築くために、手を取りあって協力できるパートナーを求める傾向が男女共に強まる年頃です。
また最近では20代前半などの若い年齢の人の結婚相談所の利用も増えてはいます。それだけ結婚を真剣に考える世代が増えているということでしょう。

結婚相談所に入会している人の学歴

学歴

次に、入会している人の学歴はどうなのか、構成を見ていきましょう。
大卒の割合は男性が59.2%、女性が58.3%とほぼ同一です。

また、大学院を含めた大学卒業以上の割合は、男性74.3%、女性が65.7%となっています。
結婚相談所では卒業証書の提出が必須な場合がほとんどですので、信頼できるデータです。

国勢調査による日本の大学進学率が平均55%であることを考えると、男女ともに高学歴の人が集まっていると言えます。
ただ登録者は高卒から専門学校、短期大卒などの人もいるため、女性は特に自分の学歴を気にしすぎる必要はないでしょう。

結婚相談所を選ぶ人の理由って?

選ぶ理由って?

さて、これまで結婚相談所についてデータで詳しく紹介してきました。
婚活の方法がたくさん存在する中、結婚相談所を選んだ理由としては、どのようなものが多いのでしょうか。

実際に相談所へ入会した人たちに聞いた理由のベスト3をご紹介します。
ここまで読んで結婚相談所に興味を持ってくれたあなたにも、あてはまるものがあるかもしれません。

とにかく早く結婚したいから

結婚相談所が婚活の方法として選ばれる最大の理由は、短期決戦で結婚まで進められることです。
結婚を本気で考えている男女が登録していますので、とんとん拍子で入籍まで進みます。

結婚の相手に求める条件をクリアしているかは、プロフィールを見て事前に判断できます。
気になる点があった場合でも、相談所に登録している同士なら交際の段階で率直に尋ねやすいです。

証明書が必須なので必ず独身であることや学歴、勤務先の情報など身元が確かな点も安心です。
女性には出産のリミットもありますし、嘘をつかれていたなどの理由でせっかくの時間をムダにしたくないですよね。

早く結婚したいと願うあなたには、断然結婚相談所をおすすめします。

様々な婚活をしてきたけど上手くいかなかったから

婚活パーティーやマッチングアプリで婚活をしてみたものの、上手くいかずに結婚相談所への入会を決意する人も多いです。
婚活が一般的になった一方、出会いの質が高くなく既婚者やヤリモクの男性ばかりに出会ったりするという人が増えています。

またやっと出会えた相手も結婚願望が薄く破局してしまい、婚活疲れが原因で入会する人もいます。

婚活で今までうまくいかなかったことが原因で結婚相談所に入会する人は、積極的に動ける人が多いので、結婚相談所に入るとあれよあれよという間に結婚まで至る人が多いです。

一人で婚活できる気がしなかったから

結婚相談所では、仲人さんやコンシェルジュが活動をサポートしてくれます。
そうしたコンシェルジュがいることで、これまで男女交際の経験がほぼない人でも婚活を無理なく始められます。

20代後半まで恋愛経験がないと、いざ1人で婚活をしようと思っても臆病になってしまう人が多いです。
結婚相談所なら、お見合いの申し込み段階から、成婚退会まで、第三者の視点から、冷静できめ細やかなアドバイスがもらえます。

また、交際を中止する際にも間に入ってくれるのでトラブルに巻き込まれる危険がありません。
恋愛経験がなく一人で婚活するのが心配な人こそ、ぜひ結婚相談所で味方のいる婚活を体験してみてください。

まとめ

ここまで、結婚相談所とはどんなところなのか、また結婚相談所での婚活がおすすめできる点をご案内してきました。
登録している会員や結婚相談所のメリットについて、イメージが描けたのではないかと思います。

結婚を叶えるには、どんな場所を選んで活動するかが大事な決め手となります。
結婚相談所なら、自分の描く将来の家庭像にぴったりな相手とめぐり会える可能性がぐんと高まります。

これまで躊躇していたあなたも、ぜひ結婚相談所へ入会して最短コースで幸せを掴みとってくださいね。