2021/09/25
婚活コラム

結婚してからでは遅い!婚活中にモラハラ男の特徴を見抜く方法と対処法

「モラハラ」という言葉をご存じでしょうか。

倫理や道徳に反して相手に嫌がる行為をすることを指すモラハラ

婚活中にこのモラハラ被害に遭う女性が急増しています。

このページでは、婚活の場でモラハラする男性の特徴や見抜き方、万が一被害に遭った際の対処法を紹介します。

最後まで読んで、結婚したあとで後悔しないようモラハラの悩みを解消し安心して婚活を進めましょう。

「モラハラ」ってどんなもの?

婚活モラハラ

「モラハラ」はモラルハラスメントの略語です。

精神的DV(ドメスティックバイオレンス)とも言われ、表面化しづらいのが特徴。

暴力や浮気などとは違い直接的な攻撃ではなく

  • 陰湿な嫌がらせをする
  • 暴言を吐く
  • 無視する
  • 過度な束縛をする

といったジワジワと精神的に追い詰めてくる行為となります。

「自分が悪かったのかな?」とモラハラされていることに気付かない女性も多くいます。

また、周囲に気付かれることなく深刻化してしまうのもモラハラの怖いところ。

心を踏みにじられてしまうことで、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になってしまったり、トラウマとして後の生活に支障をきたす恐れもあります。

婚活の場でのモラハラ事情

婚活の場でのモラハラ事情

モラハラは、セクハラやパワハラなどのハラスメントの1種。

前述したように、精神的な問題であり、なかなか表面化しづらいです。

本当に婚活の場でモラハラに悩む女性はいるのか、Twitterで探してみました。

「婚活 モラハラ」で検索すると、モラハラ男性と出会った実体験がたくさんヒットしました。

紹介したもの以外でも、結婚後に旦那さんからのモラハラで悩んでいる女性の声などもありました。

ここから、婚活でモラハラに悩んでいる女性がいかに多く、また結婚後もトラブルになりかねない重要な問題であることがわかります。

あなたも、いつモラハラに悩まされるかわからないので、今からしっかり対策をしていきましょう。

婚活中でも分かるモラハラの兆候がある男性の特徴

モラハラの兆候がある男性の特徴

では、どのような男性がモラハラをする傾向にあるのでしょうか。

モラハラの兆候がある男性の特徴を4つ紹介します。

他人を見下す癖がある

他人を見下す癖がある男性は、モラハラする危険性があります。

他人を見下しがちな人は、常に自分の方が優位であると考え、自分の思い通りになることが当たり前だと考えているからです。

なので少しでも自分の思い通りにいかないと、それを他人のせいにし、結果として愚痴が増えます。

「あいつは仕事ができない」「俺がやればすぐに終わるのに」などの愚痴はどう考えてもモラハラであり、他人を下に見ている証拠です。

会話の中で、誰かを見下し自分を上げる話題が出てきたら要注意です。

プロ婚活の 案内人
愚痴が多い人と一緒に居ても楽しくないので、避けた方が無難ですね。

我が強い

我が強い男性も、モラハラに注意が必要です。

我が強い男性は、言い換えると「自己中心的な男性」とも言えます。

我が強く自己中心的な男性は、文字通り世界は自分中心に回っていると考えます。

自分の考えは必ず実現すべきだと考え、うまくいかないようならすぐ感情的になりがち。結果として、相手を傷つけるモラハラ発言をしてしまいます。

我が強い男性の難しい所は、自分の価値観が固まっているため、周りの意見を聴く耳を持たないこと。

いくら周囲の人がモラハラを指摘しても、自分が正しいと思っているので、改善の見込みは薄いです。

改善するにはものすごい努力が必要なので、婚活のお見合いの時点でその兆候が見られたらそこで関係を切るのがおすすめです。

プロ婚活の 案内人
改善させようとする努力はあなたが行うべきことではないので、婚活を成功させるための別の努力をした方が賢明です。

劣等感が強い

自分に自信がなく劣等感が強いのも、モラハラの兆候の1つです。

小さな頃から劣等感を抱きながら成長してきたケースが多く、自分への評価が低い自己肯定感の低さも特徴的。

自分への自信のなさを隠すために、他の人に攻撃的な姿勢を取り、結果的にモラハラの加害者になります。

他人を見下す癖があるのも、自分の劣等感を隠すためです。

人一倍負けん気が強かったり、逆に打たれ弱い姿を見かけたら、この兆候を疑いましょう。

プロ婚活の 案内人
劣等感が強い男性は、ネガティブに考えがち。悪い方に考えてばかりの男性と一緒に居ても、あなたが疲れるだけです。

世間体を気にする

モラハラ加害者は、世間体をとても気にします。

周囲からどのように見られているかが行動の基準になり、行動を自分で制限しがち。

周囲の人から「いい人」と思われたいがために外面を気にしますが、特定の人には本性を出しモラハラ行為を行います。モラハラが表立って問題になりにくいのはこのためです。

これに関連し、「性格に裏表がある」「感情の起伏が激しい」などの特徴も危険です。

相手にしている男性の言動が、本性で行っているものなのかを注意深く観察する必要があります。

プロ婚活の 案内人
「いい人だな」と思っても安心せず、少しずつ時間をかけて距離を縮めることが重要です。

婚活中のモラハラ男性の見抜き方

婚活中のモラハラ男性の見抜き方

モラハラの加害者になる可能性がある男性の特徴を理解してもらったところで。

婚活でのお見合い中に、相手がモラハラ男性なのかどうかの見抜き方を紹介します。

プロ婚活の 案内人
特徴と併せて確認すると、より効果的です。

人との接し方をチェックする

まずやるべきなのが、人との接し方をチェックすることです。

モラハラの加害者の特徴に、「世間体を気にする」という点がありました。あなたにはいい顔をするかもしれませんが、他の人にはきつく当たっている可能性があるので、それを確認します。

簡単なのは、店員さんへの態度です。

店員さんへの態度が悪い男性をよく見かけますが、その人は危険です。店を出た後に、「あそこの店の店員、接客態度が最悪だったよね」と他人の悪口を言ってボロを出す可能性もあります。

店員だけでなく、横を歩いている歩行者や運転中の他の車などへの態度も参考になります。

お見合い中でも意外と他人への態度をチェックする機会はあるので、見逃さぬよう注意深く観察しましょう。

プロ婚活の 案内人
お腹が減っているとき人はイライラしがちなので、本性を暴く絶好のチャンスです。

たくさん話をしてもらい価値観を確認する

会話の中から、モラハラ加害者の特徴がないかを確認するのも有効です。

ポイントは、相手の恋愛や人間関係の価値観を聞き出すこと。

恋愛や人間関係に関する話は、相手の人間性や価値観が顕著に出ます。なので、相手にモラハラ加害者になりうる特徴があった場合、すぐに見抜くことができます。

いきなり恋愛や人間関係に関する深い話を質問すると、相手に警戒されてしまう可能性があります。

おすすめは、自分からそれらの話をすること。「返報性の原理」と呼ばれるものがあり、人は相手から何かをしてもらったとき、お返しをしなければと感じます。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。

引用:Wikipedia

これを利用すれば、あなた自身のことを知ってもらえますし、相手の深い話を引き出して見抜くヒントになるので一石二鳥。

あなたから自分の価値観を相手に話し、相手の価値観を聞き出しましょう。

プロ婚活の 案内人
誰でも今日から実践できる簡単なテクニックなので、覚えておいて損はありません。

元カノと別れた理由を聞く

価値観を聞き出す際、特に別れた元カノに関する話に注目しましょう。

元カノとの話には、モラハラの加害者の特徴に該当するヒントがよく見つかるからです。

特に、なぜ元カノと別れたのかその理由を聞き出すべき。

「俺は悪くないんだけど、急に冷めたと言われて別れた」例えば、こんな風に言う男は危険です。なぜなら、自分の悪い所を自覚できておらず、相対的に元カノを悪者にし見下しているから。

「俺が彼女のことを理解できなかったから、俺がすべて悪い。」こんなセリフも要注意。あなたへの見え方を気にしての発言である可能性があり、こういった男性は世間体を気にして取り繕うのがうまいです。

先ほど紹介した特徴と照らし合わせ、元カノと別れた理由にその特徴が遠回しにでも感じるようなら注意が必要です。

プロ婚活の 案内人
過去の恋愛がうまくいかなかったのには、それなりの理由があるはずです。

婚活中にモラハラを受けた場合の対処法

ここまで紹介してきたことを理解していれば、モラハラの被害者になる可能性は低いです。

とは言え、完璧に予防するのは簡単ではありません。

万が一婚活中にモラハラを受けた場合に備え、その適切な対処法を紹介します。

すぐに関係を切る

一番最初に考えるべきは、すぐに関係を切ること。

相手に同情したり、なんとか改善してあげようとする人がいますが、おすすめしません。

特徴を見てわかると思いますが、加害者は自分がモラハラしているとは全く思っていません。気付かせてあげようと思っても、反発され余計に被害が拡大するだけ。

付き合っている段階の人やまだ付き合っていない人は改善の見込みが薄いことを理解し、早めに関係を切るべきです。

婚活で、あなたが努力すべきはそこではありません。

もっとあなたにふさわしい人はいるはずなので、心を鬼にしてその人と連絡を取るのはやめましょう。

プロ婚活の 案内人
無理に一緒に居ても、あなたが一方的に苦しむ未来しかありませんよ。

遠回しに指摘し気付かせる

おすすめはしませんが、どうしても改善の手助けをしたい場合、遠回しに指摘し気付かせてあげましょう。

直接モラハラしていることを伝えても、感情的になり余計にひどくなるだけです。

嫌な気持ちにさせられていることを遠回しに伝え、改善しない場合は関係を切ることも辞さない姿勢を示しましょう。

このとき、共通する知人に協力を頼めるようなら依頼してみましょう。

相手が信頼する人に間に入ってもらい、事実を客観的に評価してもらうことで、気持ちを整理し自分の改善点を自覚するきっかけにできます。

もちろん間に入ってもらう知人にも、なるべく相手の自尊心を傷つけぬよう遠回しに伝えてもらいましょう。

必ず改善するとは限りませんし、膨大な時間がかかる覚悟が必要です。相手にあなたへの想いがあれば、少しずつ効果を感じられる可能性があります。

プロ婚活の 案内人
あなたの気持ちを一方的に伝えるのではなく、相手の気持ちにも理解を示しつつ、歩み寄ることが大切です。

モラハラには適切に対処し安心して婚活しよう

モラハラには適切に対処し安心して婚活しよう

以上が、婚活中のモラハラ事情やモラハラ加害者の見抜き方、対処の方法でした。

冒頭でもお伝えした通り、モラハラは当事者であっても気が付きにくい問題ですが、実際に困っている人はたくさんいます。

あなたも、いつ加害者の男性に遭遇するかわかりません。

「もしかして?」と思ったら、一度立ち止まって良く考えてみましょう。

ここで紹介したことを理解しておくことで、万が一の際にも安心して婚活を進められます。

関連記事

出会いのない社会人必見!おすすめの出会い方7選や異性と出会うコツを解説

「学生のころと違って社会人になってから、出会いが減った気がする。」 「社会人になって出会いは減ったけれど、どこで出

女性薬剤師の婚活は結婚相談所がおすすめ!成功する為のポイントを勤務先別にご紹介

一生役に立つ資格として女性に人気がある職種の薬剤師。 薬剤師は病院で処方された処方箋を元に患者さんに医薬品を出した

【体験談アリ】結婚相談所に登録している男性のレベルって実際どう?特徴や結婚に対する本気度を徹底解説

「結婚相談所に行くか迷っているけれど、男性のレベルが気になる…」 「どんな男性が結婚相談所で活動しているのかな?」

SNSで婚活は可能?成功のコツやより確実に成婚する方法を解説

「SNSで婚活できる?」「SNSで結婚相手を探すにはどうしたらよい?」 そんな疑問をお持ちの方もいるのではないでし

結婚相談所で婚活している人の平均年収は? 男女がそれぞれに求める金額もご紹介

結婚にあたり、気になることのナンバーワンが相手の年収ではないでしょうか? お金がすべてではありませんが、年収によっ

外国人と結婚相談所で出会うのは難しい?国際結婚にはアプリが主流!おすすめの婚活アプリ5選

「外国人と出会いたいけれど、どこで出会えるのだろう。」 「国際結婚がしたいと思っているけれど、一体どこで出会えるの

結婚相談所の婚前交渉は禁止?トラブル防止の為にもルールをしっかり把握しよう

結婚相談所には、結婚したい男女が入会しています。 スタッフやカウンセラーの手助けと、詳細なデータによって好みや理想

バツイチ子持ちの再婚は難しい?バツイチ男女の再婚率や再婚できた人の体験談を大公開

「バツイチ子持ちで再婚はやっぱり厳しいのかな…」 「でも、子供の将来のことを考えると再婚したい」 このような

再婚のベストタイミングはいつ?子連れ・子なしそれぞれのパターンと再婚を考える上での注意点を紹介

「再婚したいなと、最近考えるようになった。」 「もう一度、結婚したいな。」 一度結婚したものの、離婚してしま

結婚相談所でよくある危険なトラブルとは?リアルな実態や安心して婚活できる結婚相談所5選を紹介

結婚相談所に入会したいと考えているけれど、危険なトラブルに巻き込まれないか心配している方も多いのではないでしょうか。