2022/03/04
結婚相談所の選び方

パートナーエージェントの「真剣交際」への流れを解説!ベストなタイミングと成婚退会のポイントも紹介

結婚相談所パートナーエージェントで婚活をされており、順調に真剣交際まで進んだ方、現在交際中の方、おめでとうございます!

成婚退会まであと少しです。

この記事では、真剣交際の目的や交際との違い、注意すべきポイントを紹介します。

この記事でわかること
  • パートナーエージェントの真剣交際とは?概要と料金
  • 真剣交際の平均期間
  • 真剣交際までの流れ!4STEP
  • 真剣交際の告白のタイミングは?
  • 交際から真剣交際への進展で失敗しないコツ

パートナーエージェントで交際中、真剣交際をされている方、婚活中の方におすすめの記事です。

パートナーエージェントの真剣交際とは?概要と料金

浜辺の夕日

パートナーエージェントの真剣交際の定義や概要、月額料金についてお伝えします。

結婚相談所によって真剣交際の定義が異なる場合があるため、注意しましょう。

真剣交際とは結婚を前提としたお付き合いを始めること

パートナーエージェントでは、真剣交際の定義を「交際より一段階上の結婚を意識したお付き合い」と定めています。

交際を重ね、互いに「かけがえのない特別な存在」と思いが通じ合ったら、結婚への意識も高くなるタイミングでしょう。

そのタイミングで、交際から真剣交際へ進んでいただきます。

真剣交際では、誠意をもってお相手と接することが重要になるため、細かいルールも発生します。

真剣交際は複数人の掛け持ちNG

バツマークを出す女性

真剣交際は複数人の掛け持ちがNGです。

1人の方と真剣交際をしようと決めた場合、他に交際中の方がいても交際中止となるため、注意しましょう。

たとえばあなたが、Aさん・Bさん・Cさんの3人と交際をしていたとします。

Aさんと真剣交際に進む場合、Bさん・Cさんとの交際は中止です。

真剣交際は、結婚に向けてお互いがすり合わせをしていく期間です。

つまり「1人の方と真剣に向き合いましょう」という意図があるため、複数人との真剣交際は禁じられています。

「Aさんも好みだし、Bさんも素敵、Cさんも条件は申し分ない…誰がよいかな」と迷っているうちは、真剣交際に進まないほうがよいかもしれません。

真剣交際の前には「交際」の期間あり

ハートマークのラテアート

真剣交際の前に「交際」期間が設けられています。

交際期間では、デートを重ねてお相手を理解し、また自分についても知ってもらいましょう。

交際は、複数人との掛け持ちがOKです。

仲を深めたい人、この人となら結婚できるかも?と思った人、フィーリングがあった人、条件がマッチしている人など、チャンスがあれば積極的に交際しましょう。

大切にしたい存在がきっと見つかるはずです。

交際中止をしたいときは必ずコンシェルジュ経由で行う

会釈する男性

多くの人と交際をしていると「この人とは同じ将来を歩めない…」と思う時期がやってくるかもしれません。

通常のお付き合いでは、お相手に直接「ごめんなさい」とお伝えするのが一般的です。

しかし、パートナーエージェントで交際を中止したいときは、必ずコンシェルジュを経由しましょう。

理由は2つあります。

1つ目は「会員様同士のトラブルを防ぐ」ことです。

一般的な交際ですら、別れ話には時間や労力が必要とされています。

お相手に別れを告げた途端、お相手が豹変、脅され…結果別れられない話も一度は聞いたことがあるでしょう。

怖い思いをするうえ、貴重な婚活の時間も無駄になってしまいますね。

あなたやお相手の負担も最小限に抑えられるよう、交際中止をしたいときはコンシェルジュを経由してください。

2つ目は「コンシェルジュの誤解を防ぐ」ことです。

コンシェルジュは交際が中止になったことを知らなければ、交際が順調と誤解するでしょう。

成婚退会が目標のため、コンシェルジュはあなたが交際中の人とうまくいくようサポートをしてくれます。

そのためコンシェルジュが勘違いしていると、適切なサポートを受けられない可能性が高くなります。

交際中止をする際はコンシェルジュを経由することが重要です。

真剣交際中も月額料金は発生する

お札が数枚

真剣交際中は、紹介がストップになります。

しかし月額料金は通常通り発生するため、注意も必要です。

通常パートナーエージェントの月額料金には、お相手の紹介が含まれています。

そのため、サービス内容が減っているにも関わらず料金が同じでは、不満に思う方もいらっしゃるかもしれません。

真剣交際では、お相手との意思疎通や言動のタイミング、価値観のすり合わせなどすべてが大切です。

コンシェルジュも会員様へ、より精確なサポートをする必要があるため、通常の月額料金と同じ設定になっています。

真剣交際中こそコンシェルジュに頼り、成婚退会に向けて前向きに行動しましょう。

関連リンク:パートナーエージェントのコースと料金

パートナーエージェントの真剣交際までの平均活動期間は2~3カ月

海辺の綺麗な景色

パートナーエージェントの会員様が、真剣交際に至るまでの平均活動期間は2~3カ月とされています。

春に入会すると夏直前には「結婚を前向きに考えられる人」が見つかるかもしれません。

このスピード感は、婚活のプロ「パートナーエージェント」ならではです。

でもそんな短期間で「結婚したい人」を見つけて後悔しないかな?と心配になった方、安心してください。

パートナーエージェントでは段階を踏んで真剣交際をするため、ミスマッチを防ぐことができます。

パートナーエージェントの真剣交際までの流れ!4STEP

スキップする女性

パートナーエージェントの真剣交際までの流れを紹介します。

4つのSTEPが用意されています。1つずつクリアし真剣交際まで進みましょう。

1:担当コンシェルジュからの紹介・検索申込みからお見合い

パソコンを見て悩む女性

まずは、お相手探しから始まります。

コンシェルジュからあなたの条件に合った人の紹介や、あなた自身で検索申し込みをして、お互いが「会ってみたい」とマッチすると、お見合いの機会が設けられます。

お見合いでは、お相手の人柄を知るチャンスです。

いきなり結婚観のすり合わせよりも「この人はどんな人なのかな?」と相手に興味を持ち会話を重ね、楽しくお見合いをしましょう。

2:お見合い後、相互に「また会いたい」と思ったら交際スタート

花を持つ横顔の女性

お見合い後、お互い「また会いたい」と思ったら交際が始まります。

交際のハードルはそこまで高いものではありません。

思い描く将来像や夫婦像がマッチしていればお互い申し分ないでしょうが、なかなか最初のお見合いではわからないですよね。

会話が楽しかった、もう一度会って仲を深めたいなど、気持ちの面で交際をスタートさせても構わないでしょう。

そのうえ複数人と交際の掛け持ちができるため、自分の選択肢を広げるためにも、積極的に交際を行ったほうが成婚への道も開けます。

3:交際期間にデートを重ねて真剣交際への告白

告白のロケーション

交際期間にデートを重ねて、真剣交際へ進むには「告白」が必要です。

告白は、男女どちらからしても問題ありません。

お相手の言動を見極めて行動するより、ご自身の気持ちに正直になることを第一に考えましょう。

担当コンシェルジュに相談すればお相手のコンシェルジュと連携を取ってくれるため、お相手の気持ちを汲み取ることが可能です。

コンシェルジュにも積極的に相談してみましょう。

戦略的に動くことも大切ですが、自分の気持ちにもしっかり向き合ってくださいね。

悔いの残らない婚活をしましょう。

4:相手から告白OKが出たら真剣交際スタート

OKマークを出す人形

お相手から告白OKが出た、あるいはあなたがOKをした場合、真剣交際がスタートします。

お相手と今まで以上に仲を深めていただき、価値観や理想の夫婦像をすり合わせする時間です。

いつ頃結婚するか、子どもはいつぐらいに何人ほしいかなど仮交際中では聞きにくかったことも、真剣交際中に相手の気持ちを確認する必要があります。

それぐらい真剣度が高いです。

ただし堅くなりすぎず、自分らしさを出せるとよいでしょう。

真剣交際のお相手は、将来パートナーになる可能性が高い方です。

「この人とこんな家庭を築けたら楽しいな」と前向きな気持ちで真剣交際をできるとよいですね。

真剣交際では、複数人との交際が認められていません。

ほかの交際相手がいる場合、円満に交際をやめられるよう、コンシェルジュに対応をお願いしてください。

真剣交際を始めるときにはコンシェルジュに伝える必要有

電話をする女性

真剣交際を始めるときは、必ずコンシェルジュに伝えましょう。

あなたと真剣交際のお相手が幸せを掴めるよう、コンシェルジュ同士がタッグを組んでバックアップしてくれます。

決して伝え忘れがないよう、注意してください。

真剣交際の告白をするベストタイミングは3~4回目のデート

デート中の男女

真剣交際の告白をするベストタイミングは交際中3~4回目のデートが一般的と考えられています。

何度かデートを重ね、お相手の人柄も知り「この人とだったら結婚も考えられるかも…」と思うことができれば、真剣交際に進んでもよいでしょう。

もしも、あなたが「この人が運命の相手かも!フィーリングも合うし」と、1~2回のデートで判断し告白してしまうと、お相手からは「誰でもよいのでは?真剣に考えている?」と心配に思われる可能性が高いでしょう。

婚活は「将来を共に過ごすパートナーを見つけること」です。

フィーリングも大切ですが、じっくりとお相手を観察し、ご自身で設定した希望条件に当てはまるか見極めることも重要です。

反対に5回以上デートに行っているにも関わらず、何もアクションが起こらない関係性はお互いが慎重になりすぎています。

交際を中止にするか、真剣交際に進むか判断をしましょう。

好意を持ってくれていたお相手が、ほかの人と真剣交際に進んでしまう可能性も…。

限られた婚活の時間、有効に使いましょう。

交際から真剣交際への進展で失敗しないコツ4選

いいねポーズする女性

交際から真剣交際への進展で失敗しないコツを4選紹介します。

何度もデートを重ね、せっかく掴んだチャンスです。

後悔しないよう、避けられる失敗は事前に知っておきましょう。

1:真剣交際への進展に慎重になりすぎない

石橋

真剣交際への進展に慎重になりすぎないよう、注意が必要です。

「真剣交際のお相手は結婚相手」と考えていると慎重になりすぎる方多いです。

現在の交際相手よりも好条件のお相手が現れるかもしれない…と沼にハマってしまい、結果的に数々のお相手を逃す事態は避けたいですよね。

パートナーエージェントでは、精度の高い紹介がされるため、紹介相手も魅力的な方が多いでしょう。

一般的には出会えないような職業の方と出会うことができるかもしれません。

今よりもっと素敵な人を紹介してもらおうと、欲深くならないよう冷静に婚活をしてください。

また心配性な方も慎重になりやすいです。

その方に必ず決定するわけではなく、将来のお相手としてお互いマッチするか確認する場が真剣交際です。

せっかく出会ったご縁、大切に育めるよう少しでも可能性を感じたら真剣交際に進むようにしてみましょう。

2:電話やメールなどの連絡頻度は相手に合わせる

大量の連絡に驚く猫

電話やメールなどの連絡頻度は相手に合わせるようにしましょう。

まだお相手から返事がこないうちに、追いメッセージを送ることや、毎日のように電話をかけるなどをアプローチと捉え実践している場合は、やめましょう。

パートナーエージェントでは、入会条件のひとつに「男性は定職についていること」が定められています。

お相手も社会人です。節度を持った連絡頻度を心がけましょう。

お相手が女性の場合も、しつこい連絡や深夜の連絡は快く思われないため、やめたほうが無難です。

しかし1週間に1回返事をするだけなど、連絡頻度が少なすぎてもお相手に心配をかけてしまう可能性があります。

連絡頻度は相手を思いやる気持ちが大切です。

3:告白をする前に一度コンシェルジュに相談する

相談する女性

告白をする前に一度コンシェルジュに相談してみましょう。

思わぬアドバイスをもらえるかもしれません。

コンシェルジュは、お相手のコンシェルジュと連携を取ることが可能です。

もう少しデートを重ねて様子を見たい…とお相手が思っているのに「告白して成功する雰囲気かも…!」と勘違いし告白、玉砕してしまったら元も子もありません。

コンシェルジュに相談し、告白を計画的に行うことで失敗のリスクを減らしましょう。

4:曖昧な告白をしない

仮面をかぶった男性

曖昧な告白はやめましょう。

コミュニケーションエラーが発生しやすいです。

たとえば「あなたさえよければ、真剣交際に進みたい」「あと数回会って楽しかったら真剣交際に進んでもいいかも」「あなたと真剣交際に進んだら楽しいだろうな」などの言葉は告白にカウントしてはなりません。

またお相手に伝えられても、告白と捉えないようにしましょう。

これらの言葉には、どれも確証がないことに気づいてください。

あなたさえよければ、はお相手に判断を委ねており、ご自身の気持ちをストレートに伝えていません。

数回会うなど曖昧な条件を達成したら、真剣交際に進んでもいいかも~などは、お相手が「本当に真剣交際へ進みたいの?リップサービス?」と困惑します。

あなたと真剣交際に進んだら楽しいだろうな、は一見告白として響きそうですが、この言葉を単体で使用はせず、ストレートに真剣交際を申し込むことを忘れずに。

お互い言質がとれる言葉であなたの気持ちも取り入れて、真剣交際の告白をしましょう。

成婚退会するために押さえておきたい2つのポイント

指を立てる女性

成婚退会するために押さえておきたい2つのポイントを紹介します。

真剣交際で育んだお二人の関係性が、よい状態で継続し成婚退会できるための極意です。

1:コンシェルジュにはこまめに報告・相談をする

メモとペン

コンシェルジュにはこまめに報告・相談をしましょう。

婚活を成功させようと、ご自身で努力し行動することは大変立派です。

しかしずっと1人で頑張ってしまうと、婚活疲れに繋がります。

適度にコンシェルジュのサポートをあおぐことで、あなた自身の負担も減らせるでしょう。

お相手のお気持ちを知るうえでも、コンシェルジュに相談したほうが実のあるアドバイスをもらえますよ。

関連リンク:パートナーエージェントのコンシェルジュとは?リアルな評判と口コミ・サポート内容についても紹介

成婚退会のタイミングやプロポーズもコンシェルジュに相談OK

風船で顔を隠す女性

成婚退会のタイミングやプロポーズもコンシェルジュに相談して構いません。

お相手のコンシェルジュと連携を取ってもらえるため、適切なタイミングや理想のプロポーズなどもわかるでしょう。

コンシェルジュは今まで何人もの成婚退会者を輩出してきました。

過去成婚退会された方の、プロポーズ事例が聞けるかもしれませんね。

2:真剣交際開始から2~3カ月の間に相手との将来を考える

夕日をバックにした素敵な男女

真剣交際開始から、2~3カ月の間にお相手との将来を考えてみてください。

3カ月をすぎてもどうするか迷う場合は、慎重すぎるか、本当は答えが出ているのに情が湧いてしまった可能性があります。

答えが出せないままダラダラと真剣交際を続けてしまうと、結婚に対する意識も薄れてしまうでしょう。

そのうえ、真剣交際中も月会費が発生します。

新たな出会いを逃し、ご自身にとって経済的にも出会いの面でもマイナスです。

2~3カ月の間に関係性をどうしたいか、考えておきましょう。

また真剣交際3カ月目まで進んだお二人の関係性は、とても尊いものです。

真剣交際に至るまでの活動期間(初回お見合いや交際)を3カ月と考えた場合、真剣交際開始から3カ月が経つとトータル半年以上はお相手と仲を深めていることになります。

パートナーエージェントでは、コンシェルジュから月に6人紹介され、検索サービスにて5人を自分で探すことが可能です。

つまり、月に11人と出会うチャンスがあります。

真剣交際までの活動期間が平均3カ月、あなたは33人と出会えるチャンスがありました。

真剣交際のお相手である最後の1人に選ばれるのは、たった3%の確率です。

その奇跡の確率をお互いが勝ち抜いて結ばれた関係であることを噛みしめ、将来を考えてくださいね。

真剣交際中に相手と確認すること6選

恋人たち

真剣交際中に相手に確認すべきポイントを6つ紹介します。

成婚退会するお相手ならば、確認しておいて損はない大事なポイントです。

  • 結婚に対するイメージができているか
  • 結婚後の働き方
  • 子どもの有無の希望
  • 家事など生活における役割分担
  • お金の管理や金銭感覚
  • 結婚式や披露宴の希望

忘れずに確認しましょう。

1:結婚に対するイメージができているか

結婚式場

結婚に対するイメージができていなければ、成婚退会する意味がありませんし、コンシェルジュにも成婚退会を止められるでしょう。

パートナーエージェントの成婚退会の定義は「お互いが結婚への意思が固まった状態」と考えられています。

まだ結婚する意思がなく「結婚を前提としたお付き合いを継続したいから成婚退会したい」では、成婚退会をする理由として未熟です。

成婚退会して何カ月後に婚約、その後お互いの親に挨拶、結納…とスケジュールを立ててくれるお相手ならば、安心して成婚退会してよいでしょう。

実際は、そこまできっちりとスケジュールを組まなくても構いませんが、結婚に対するイメージができている方との成婚退会は、その後がスムーズです。

2:結婚後の働き方

オフィス街

結婚後の働き方も確認しましょう。

お相手が共働きを希望しているのか、専業主婦になってほしいのかなどです。

この話題は、交際中でも比較的しやすいため、ご存じの場合わざわざ聞き直す必要はありません。

プラスαで共働きを希望する場合は、どちらが有給を取りやすいか、今後転職や挑戦したいことがあるかなど、仕事上の展望を互いに話せるとよいでしょう。

支え合えるきっかけになります。

3:子どもの有無の希望

歩く子供

子どもの有無の希望も確認しましょう。

ほしい場合は何人ほしいか、いつ頃かなど、お互いの経済状況も鑑みながら会話ができるチャンスです。

キャリアも大切にしたい女性は、子どものタイミングも重要でしょう。

子どもは授かりものですが、計画性も持っていたほうがよいです。

4:家事など生活における役割分担

キッチン

家事など生活における役割分担や得意分野は、最初に確認しておいたほうが後が楽です。

それぞれの働き方や、子どもの有無で分担も変わっていくかもしれません。

一度決めた分担は絶対!などの決め方より、お互いが負担にならないよう、柔軟に役割分担ができるといいですね。

5:お金の管理や金銭感覚

お財布の中身が1円

財布は別々にする、どちらかが管理する、共同の財布をつくって月にお互い決まった額を入れてやりくり…など管理方法もさまざまです。

また金銭感覚の違いは、トラブルの元です。

男性と女性でお金をかける分野は違えども、互いのお金の使い方は事前に把握ができているとよいでしょう。

6:結婚式や披露宴の希望

素敵な花嫁

結婚式や披露宴の希望があるか確認しましょう。

あなた方が結婚式や披露宴を希望しなくても、どちらかのご両親が式を熱望している場合はどうするかなどすり合わせができるとよいですね。

お互いが式を挙げたいと思っている場合は、いくらまで払えるかなど費用感について話し合うのも悪くないでしょう。

「教会で挙げたい」「神社で挙げたい」など希望もお伝えできると尚のことGOODです。

真剣交際へのステップアップで相手をしっかりと見極めてベストな状態で成婚退会に繋げよう

デート中の彼女

交際を経て、真剣交際から成婚退会までの道のりは見えてきましたか?

今回の記事で重要ポイントのおさらいです。

重要ポイント
  • パートナーエージェントの真剣交際は複数交際NG
  • 真剣交際中は通常通りの月額費用が発生
  • 真剣交際までの平均活動期間は2~3カ月
  • 真剣交際を申し込む告白のタイミングは3~4回目のデート
  • コンシェルジュへのこまめな相談が成功の秘訣

段階を踏んで一歩ずつでもお相手と足並みを揃えることができれば、成婚退会もすぐそこです。

どんなときでも誠実な対応を忘れずに。

素敵なパートナーが見つかることを願っています。

この記事の著者

icon  promarry編集部:izumi

結婚相談所の元従業員。婚活パーティーの司会経験もあり。結婚したいすべての女性が幸せになれる記事を書きます。

関連記事

【2022年版】札幌の結婚相談所おすすめ人気ランキングTOP11|口コミや評判もご紹介!全25社を徹底比較

「札幌でおすすめされている結婚相談所はどこ...?」 「札幌で人気の結婚相談所が知りたい!」 札幌にも結婚相

ゼクシィ縁結びエージェントで使うプロフィール写真の選び方!写真撮影のコツや写真館に依頼する流れも教えます

ゼクシィ縁結びエージェントは、結婚情報誌やブライダルサービスで有名な「ゼクシィ」がプロデュースする結婚相談所です。

パートナーエージェントを成婚退会する際の手続き方法|成婚退会後のサポートや途中退会についても解説!

パートナーエージェントの会員や入会を検討している方の中には 「成婚退会に条件はある?」 「成婚退会するために

結婚相談所のメリットとは?選び方とおすすめを徹底解説|向いているタイプの方も3つご紹介!

「結婚相談所を利用しなくても結婚できるのに、入会する意味とは?」「高いお金を払ってまで婚活する必要はある?」 結婚

【結婚相談所】サンマリエの特徴や向いている人とは?他の結婚相談所との違いを徹底解説

「結婚相談所への入会を考えているけれど、どの結婚相談所がよいの?」 「サンマリエはどういう結婚相談所なのだろう?」

オーネットにサクラと業者がいない6つの理由!サクラの噂が立つわけと本当に注意すべき人物を紹介

「オーネットへの入会を考えているが踏み切れない…」 「でも、オーネットにサクラがいるという口コミを見かけてちょっと心配

結婚相談所の無料相談とは?無料相談の内容や受けるメリット、聞くべきこと6選を紹介

世の中には4,000社を超える結婚相談所が存在し、その中には入会前に無料で相談を受けられる相談所が存在します。 無

40代におすすめの結婚相談所ランキングTOP20!口コミと料金を徹底比較【体験談付き!】

@media (max-width: 767px) { #footer { padding-

【2022年版】和歌山の結婚相談所おすすめ人気ランキングTOP8|口コミや評判もご紹介!全11社を徹底比較

和歌山で結婚相談所を探してるけど、どこがおすすめなのか?料金ってどのくらいかかるのか?など、悩むポイントは多いですよね。

池袋でおすすめの結婚相談所7選!口コミ・評判を独自調査│相談所に入会するメリットや成婚までの流れも紹介

「池袋で結婚相談所を探しているけれど、あるかな?」 「自分に合った結婚相談所がわかると嬉しいけれど、どうやって見極